中年不安

適当に生きてきた結果がこれだよ

上野東照宮ダリア展

新型コロナの前までは、上野周辺でよく撮影していました。こんばんは

上野東照宮で毎年開かれているダリア展

正確には上野東照宮にある牡丹苑で、9月から10月の時期に開かれているダリア展示に2019年の10月に行ってきたときの写真です。
今年も開かれたらしいですが、仕事以外ではあまり東京の人の多い場所は避けているので残念ながら行っていません。

ダリアって何?

ダリアはずっと知ってたーというアレですね(古すぎるよ)。

おっさんの思い出はおいておいて、キク科ダリア属の花で天竺牡丹とも言われているので牡丹ではなくとも牡丹苑で展示されているのでしょう。

いろいろなダリア

映える方達

f:id:tori56:20191026163405j:plain

f:id:tori56:20191026161016j:plain

f:id:tori56:20191026162542j:plain

僕の写真の腕前でも、なんとなく映える画になるような花もたくさんありました。

なんかモンスターみたい

f:id:tori56:20191026160221j:plain

両方の蕾が触手になってる、定番のお花のモンスターに見えませんか?

でっかい蜂が…

f:id:tori56:20191026161534j:plain

一瞬だけビビりましたが、すぐに冷静になりシャッターを切った次第です。

なんかキモい

f:id:tori56:20191026162110j:plain

色もどぎつく形もグニャグニャで毛が生えているようにも見える見た目、お花さんには悪いけど個人的にキモいと思いました。

煉獄さん?

f:id:tori56:20191026162649j:plain

煉獄さん、煉獄杏寿郎さんやないか!と言いたくなるような色のダリアがありました。
当時は鬼滅の刃を知らなかったのでどちらかといえば、キャラ・スーンZZガンダムのキャラクター)だったんですが…。

総括

このときはシャッタースピード優先か絞り優先、もしくはどちらも使用して撮ったので夕方だったこともあり、ISOが高めに設定されてしまいノイズが結構発生してしまいました。
この時から、シャッタースピードをある程度遅くしてもブレにくいボディ内手ブレ補正、ISO感度を上げてもノイズが発生しにくいフルサイズに憧れが生まれました。

しかし、同じダリアという種類の花でも千差万別でスッキリと整ったものから、見た目が面白いものまであり撮るのだけでなく見るのも楽しかったです。

花は良いものです。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

仕事で若干キレた話

一足早い更年期障害なのか......おはようございます。

最近募るストレスと仕事のトラブル

ここ最近、ストレスが徐々に溜まっていくのを感じ、イライラするわ倦怠感はあるわで熱は無いものの体調が思わしくなかったのですが、そんな中、仕事中にトラブルが発生したことで仕事中、派遣社員の分際で社員の上司に若干切れてしまったので、もしかしたら契約更新がなくなるフラグを立ててしまったかもしれません。

これは流石にまずいと思い、症状を元に軽くググって見たところ、更年期障害の症状と合致することが多く40を前にして早くも男性更年期障害なのかと疑っているところであります。

男性更年期障害とは

年齢とともにテストロテンという男性ホルモンが減少したことによって起こる、イライラや頭痛、倦怠感など様々な体調不良のことです。

少しシモの話になってしまいますが、このテストロテンという男性ホルモンは所謂ムスコのご機嫌に直結するものでして、たしかに最近になって我がムスコが以前よりご機嫌が斜めになっているように実感しておりますので、もしかしたらと考えてしまうわけです。

素人判断は危険

もちろんググった程度では正確なことはわかりませんので、他の病気の可能性もあります。また僕は肥満の問題も抱えてますので、そちらが原因なのかもしれません。

ホルモンバランスと肥満は食生活と生活習慣が重要であり、ここ最近は不摂生も行っていたので、生活面での改善を行い症状が良くならなかった場合は病院に行こうかと思ってます。

総括

30代も半ばをすぎると精神的にも肉体的にも20代の頃に比べ不安定になってきていることを実感し、この記事を書き進めていくと同時に涙がこみあげてくるのでした。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

最初の一台におすすめのカメラ ~2020年冬 フルサイズ編~

年末に向けカメラがほしいと思っている初心者の方へおすすめのカメラを紹介したいと思います。

僕の独断と偏見で…こんばんは。

フルサイズとは

センサーがまあまぁデカイカメラ。わかりやすく言うと一般的なフィルムカメラと同じ画角(広さ)で写真が撮れる。いっぱいボケて暗所も強いカメラのことです。

最初の一台がフルサイズ、それはとても素晴らしいことです。

おすすめするカメラの基準

ボディ内手ブレ補正搭載

レンズでの手ブレ補正で十分という方もいらっしゃるのですが、実際に自分で使ってみてシャッタースピードが大分抑えられたこと、手ブレ補正の弱いまたはついていない安価な旧式のレンズでも使えるので、ボディ内手ブレ補正がついているものほうが初心者におすすめできると思い判断基準に選びました。

高機能でコスパがいい

所謂、家電量販店などで初心者にすすめられる安価で、それなりのスペックなカメラでなく、ハイスペックとまでは行かないまでもある程度高機能でなおかつコスパの良いものを選んでみました。

これらの基準で選ぶため所謂、エントリーモデルと言われる安いカメラに比べて少し高額の20万円前後になってしまうのであしからず。

NIKON Z5

初っ端はニコンを紹介させていただきます。
このカメラはZ6の廉価版ではあるのですが、Z6と比べてその差は画素数が誤差の単位で低くなっている2432万画素、サブディスプレイがない、少しだけ暗所での撮影がしにくくなっている程度でして、AF性能、堅牢性、使いやすさに関して言えばZ6と同等であり、不平のあったシングルスロットから、SDカードのみの対応とはなりますがダブルスロットに変更されたりしています。
この性能でボディだけなら約16万円、レンズキットだと流石に約22万円と20万の大台を超えてしまうのですが、最初の一台にこのカメラを選んでおけば、性能不足で物足りなさを感じることは無いでしょう、そう写真の撮影に限っていえば…。

言葉を濁した理由は、背面液晶が自撮りが困難なチルト液晶、動画性能が同価格帯の他社機種と比較すると完全におまけであることが挙げられます。
もし、動画をたくさん取りたいという人は、後述するSONY製のカメラを検討してはいかがでしょう。

 

SONY α7III

It's a SONYで有名な(そのCMは大分前に終わっているよ)、SONYが送り出したフルサイズミラーレスのデファクトスタンダードと言っても良いカメラ。
現に、多くのミラーレスカメラはα7IIIを基準に評価されてしまっています。

その性能は、瞳AFを始めとする高性能AF性能からボディ内手ブレ補正、使いやすい2420万画素と高い描写力、そしてなにより4K動画の撮影とユーザーがほしいと思う機能が搭載されている傑作機です。

ただ、背面液晶がこちらもチルト式のため、こちらの機種も自撮りをするのは困難といえます。

価格は本体が約20万円、レンズキットが約24万円とフルサイズミラーレスとしては標準的な価格となっています。

 

SONY α7C

最近発売されたα7IIIの廉価版でフルサイズ入門機といえる存在です。
こちらの場合は誤差の範囲というわけではなく、シャッタースピードやファイダー性能、ボタンの配置などα7IIIに比べ見劣りする部分はありますが、描写性能は申し分なく動画も4K対応という初心者や初級者には十分するぎる性能を有していることは間違いありません。

そして嬉しいのがフルサイズ機とは思えないほどのコンパクトさと、自撮りが簡単にできるバリアングル液晶を搭載していること、SONYはユーザーの欲しいをいち早く察知して商品化してくるから素敵です。

価格は発売したばかりということもあって、本体価格が約20万円、レンズキットが約24万円とα7IIIとほぼ同じ価格になっていますので、我慢できる人は価格が下がるのを待ってから購入したほうが良いかもしれません。

 

おすすめはできるけど少し惜しいカメラ

キャノン  EOS RとRP

RとRPはボディ内手ブレ補正非搭載で、今回は候補から外しましたが、それ以外の点でいえば十分な性能を有しているカメラです。
総合性能的には前述のα7IIIやZ6に一歩譲るのですが、本体価格20万円を切る安さは魅力のひとつと言えるでしょう。

また先進的機能がいくつかついていまして、その中でもレンズ交換時にはシャッター幕が降りてホコリの付きやすいセンサーを保護してくれる機能は各メーカーも取り入れて欲しい機構ではあります。

 

総括

僕が初めてカメラを買った数年前には、ミラーレスカメラは一眼レフカメラに比べて性能が劣る、フルサイズカメラは敷居が高くて初心者には向かないという傾向が合ったように思いますが、α7IIIの登場により一眼レフよりミラーレスと評価が変わると同時に、フルサイズ機への敷居も低くなり購入しやすくなった様に思えます。

そう考えますと、α7IIIはここ10年くらいのなかでは一番の傑作機といえる個人的に思っております。

Z5に関して言えば、廉価版といえどもボディはマグネシウム合金で堅牢に、性能もほとんど落とさずに価格を抑えてくるとはニコンらしい質実剛健なカメラと言えます。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

Hoi4第2章 第5回:対ソ戦に向けて

前回の更新が10月の月初というゲームのAARとしては少し進むスピードが遅いんじゃないのかい?おはようございます。

前回

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 前回は見事、イギリスを筆頭とする連合国を打ち破ることができ、今回はソヴィエト戦への準備となります。

目次

バクー油田への道

ソヴィエト最大の原油産地であるバクー油田を速やかに攻略するために、ルーマニアを同盟に加えブルガリア~トルコを速やかに攻略しバクー油田への道を開拓します。

f:id:tori56:20201101005159j:plain

ルーマニアからブルガリアの北へ進軍しそのままトルコへと攻め入る作戦

戦力の再編成

ソヴィエトの兵力は質はともかくその量はイギリス以上であること、またバクー油田は山岳地帯であるため、ロケット砲を加えた歩兵師団や山岳兵師団を増産しておきます。

f:id:tori56:20201101005730j:plain

野戦砲が防御に向く仕様なのに対しロケット砲は突破が上がるため攻撃に向いている。
山岳兵師団は歩兵を山岳兵に変えただけのものを配備。

インフラの整備

ソヴィエトは西側と違いインフラが弱く補給が滞りやすいため、今のうちからインフラを整備して少しでも補給線の維持をやりやすくするようにしてきます。

ブルガリアとトルコへ進軍

ブルガリアは難なく制圧できますが、トルコは山岳地帯が多いということと防衛するための兵力は十分保有しているため、多少時間が掛かってしまいましたが無事傀儡化することができました。

対ソ戦線の構築

ドイツ側と傀儡化したトルコ側の国境へドイツ陸軍を配置し、航空支援体制も構築、後は来たるべき開戦を待つばかりです。

ドイツ側の国境

f:id:tori56:20201101012407j:plain

トルコ側の国境

f:id:tori56:20201101012405j:plain

総括

HOI4の記事は、録画した動画を見ながら記事の構成を考えキャプチャを作成するという工程があるためどうしても時間が掛かってしまうのですが、もう少し早いペースで更新していきたいと考え中です。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

お金が無い

例えコロナであっても世の中は年末商戦へ向けて動き出す中、お金がなくなった男です。こんばんは。

50万円という出費

ここ数年、非正規雇用でありながら高級カメラを3つも購入してきたわけですがどうやらそれもここまでのようです。

この度、50万円という僕にしてはとてつもない高額な出費が発生したため少なくとも年内はカメラに使うお金どころか生活費も危ういことになってしまいそうです。

原因

僕が実は親のローンの連帯保証人になっていることは、ご存知の方もいるとは思います。

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

今年は米が不作であり、農家である我が家も当然そのあおりをうけた結果、前回とは別の農業機械の支払いができなくなってしまうため、今度は連帯保証人でなく親から銀行からローンをしてくれと頼まれたところから話は始まります。

借金するくらいなら自腹切る

ローンを組むように頼まれて数分考えた後、””銀行から金を借りるくらいなら、50万円俺の口座から払ってやるよ””と親にお金を払うことになったわけです。当然これは貸しであり、いずれは返してもらえるお金なのですが、おそらくお金が戻ってくるのは来年の今頃になるのではないかと思われます。

このコロナのご時世、非正規雇用である僕の先行きも不安があるため、今後はカメラ関係に散財するのは難しいのかなと思っております。

総括

年末ジャンボ当たらねぇかなぁ

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

Googleフォト連携問題はまだ完全に解決していたわけではなかった

一瞬だけすごくブログを移行したいと思ったほどに悔しかったです、こんばんは。

過去記事の写真が表示されない問題

Googleフォトとの連携がエラーになってからと同時に、過去に連携して作成した記事の画像が非表示になる問題が発生していたわけです。

それは、はてな側で移行予約さえすれば後で表示できる様になりますよということで、とりあえず棚上げされておりました。

help.hatenablog.com

連携回復と同時に直っていると勘違い

先日、仕組みは変わっても連携はできるようになったのですが、それと同時にこの過去記事の画像問題も解決したと勝手に思い込んでいた、そう昨日の機材紹介の記事を書くまでは…。

いざ昨日の記事をアップし、過去記事へのリンクをテストでスマフォから見てみると表示されて無いことがわかり、画像表示問題は解決されてないことを知り、慌てて過去の機材の記事だけは、画像を貼り直しました。

勝手に同時に回復していたと思い込んでいた自分も悪いんですけど、チクショウって感じですよ。

連携を回復させる前に、過去の画像非表示のほうが問題が深刻だと思いますので、過去SEだった経験から、とてつもなく面倒で大変なことだとは思いますが、はてなの中の人お願いします、できるだけ早く過去画像の表示も直してください。

総括

というわけで、当分は画像の表示されてない記事にリンクを貼るのはやめようと決断しました。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

所持しているカメラとレンズ 2020年版

1年間で所持している機材が大分変わるのはなんだかなぁとは思いながら毎年書いてますこんにちは。

 

過去の機材紹介はこちら

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

デジタルカメラ

今年は数年間愛用したCanonのEos 80Dを売り、ニコンのZ6を購入

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

Z6

f:id:tori56:20200726081306j:plain

初のフルサイズミラーレス。元Canonユーザーとしてはご多分に漏れずマウントの逆回しは戸惑いました。

それ以外は中々どうして使い勝手の良い信頼のおけるカメラです。

レンズ

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

Z6についてきたキットレンズ。しかし、キットレンズと侮るなかれ小三元レンズでありF4と多少暗めだが描写力は文句なしに綺麗です。

フィルムカメラ

S3については2019年に購入しているのになぜか機材紹介の記事に入っていない…。

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 Nikon S3(復刻版)

f:id:tori56:20201018145839j:plain


初めて購入したフィルムカメラ、初めてのくせして高額である復刻版のS3を購入したその理由、それは国産レンジファインダーが使いたかったから。

レンズ

NIKKOR S 50mm F1.4

S3復刻版のキットレンズ(?)です。設計は古いとはいえそこは復刻版、マルチコーティングはしっかりしてあるため、オールドレンズにありがちなフレアやゴーストの類は出ないので使いやすくなってます。色味は個人的に昭和よりかなと。

Leica M6

f:id:tori56:20201018145920j:plain

レンジファインダーの王様Leica。S3の使い勝手が良くも悪くも昭和クオリティなので、より洗練され90年代という比較的新し目のカメラがほしかったので購入。預金残高が大変なことになったことは言うまでもありません。

レンズ

ZEISS Planar T* 2/50 ZM

現代的ツァイスレンズ、これがツァイスのスタンダードらしいです。
特に癖があるわけではなくピントを合わせれば綺麗な写真が撮れる信頼のおけるレンズです。

JUPITER-12 35mm F2.8

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

f:id:tori56:20200921102656j:plain

ソヴィエト製のコピーレンズ、M6で35mmを使いたいと思っているさなか安く売っていたので購入。
フィルムを現像してないので、描写についてはよくわかっていません。
使いづらいけれど、愛着の湧くレンズです。

総括

これ以外に親戚から頂いたレンズがいくつかあったりしますが、今回はこれくらいで。
記事を書いている時にふと、所持しているカメラとレンズの記事をひとつにまとめるのもありかなと考えたりはするのですが、記事が長くなるので気が進まなかったりします。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村