中年不安

適当に生きてきた結果がこれだよ

椅子が壊れてからのその後

はてブアプリは、下書きのコピーして新しい記事を書くという機能がないので常用するにはちとめんどくさいことが早くも判明しました、こんばんは。

椅子が壊れてからの経緯

 壊れた当時の記事

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

すぐにメールで業者に連絡

当時、リモートワークで仕事中であったにも関わらず椅子が壊れてすぐに破損箇所の写真を撮り業者に返品したいので返金してくれとメールしました。

ちなみにその時は椅子の代用として、バランスボール を使いましたが、とても座りにくく大変でした。あれに座って仕事できる人は凄い体幹の持ち主だと気づくことができました。

業者とのやり取り

幸い業者には親切な対応をして頂き返品、返金までの交渉はスムーズに進み、壊れた椅子の引き取りの日にちも決まり無事引き取ってもらう事に成功しました。

返金には時間がかかる

椅子の返品は購入した業者との対応でしたが、返金については楽天市場がクレジット会社へ行うとのことでしたので、すぐにとは行かずに2ヶ月ほど時間を要しましたが無事返還されました。

現在使用している椅子

椅子が壊れた直後に新たな椅子を注文し、今現在それを使用しています。

35,000円を出したかいもあり、座り心地もよく使い始めて約半年が経つも壊れる気配は有りません。

総括

楽天市場での返品は初めてで、多少の不安はありましたが、不安は杞憂に終わり揉めることなくスムーズに進めることができたので良かったです。

椅子や机など長期期間使うものは、耐久性や使い勝手を考えると安いものではなく、それなりな価格のする良いものを買った方が良いということを身をもって学びました。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

1月末時点での目標達成状況

1ヶ月目で新年の目標が…こんばんは。

本日ははてなブログのアプリをインストールしたので、通勤電車の中から下書きしたものを帰宅後に更新しています。

使い勝手がわからなかったので何も書かれていない記事を投稿してしまったり、過去の記事を下書きに戻してしまったりと余計なことをしてしまいました。

1月の目標達成状況

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

今年掲げた目標のうち、体重とブログの更新についての現状を御覧ください。

体重

結果から言うと全く変わっていません。1ヶ月2Kgという目標を持って取り組みましたが変動値0Kgでした。

月初

f:id:tori56:20210201231233j:image

月の中盤

f:id:tori56:20210201231224j:image

 月末

f:id:tori56:20210201231137j:image

月初の体重が108Kgであり中盤に−1.5kg落とすも後半に油断が出たのか108K gに戻ってしまってます。いやぁ左下の太り過ぎの文字がお恥ずかしい。

ただ、どのくらいの運動量をどれだけ続ければいいのかと言う目安が見えてきたので今月は先月分も合わせ−4Kgを目指します。

ブログの更新回数

3回ですね、4回を目標にしてるところ最初の月で既に足りていません。更新するネタはあるのですが、怠けてしまってしまってました、これはいけませんね。

少しでもモチベーションを保つ為に、アプリを導入した次第です。これで今後の更新頻度が改善するとは思います。

総括

月単位の目安とはいえ、1ヶ月前に立てた目標を早くも達成出来なかったのは、恥ずかしい限りです。実はこいつポンコツだぞと気付いている方も多々いるとは思いますが、そんなポンコツ中年のブログを見限らずに、あたたかく見守っていただけると幸いです。

 

※アプリでの更新が初めてだったので、白紙の記事だけでなく記事の途中で一回更新してしまったかもしれません。更新の通知がいっていたらすみません。

 

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

風景写真には必須?!C-PLフィルター

緊急事態宣言で、首都圏住みの人間にとっては、ますます撮影が為難い環境になってしまい悲しい限りです。こんばんは。

C-PLフィルターとは

偏光フィルターともいわれ、反射光をある程度調整し、ガラスや水面の反射を抑えることや、色味を鮮やかに写すことの出来るフィルターです。

風景写真にとって必要な理由

水面の撮影やガラス越しの撮影に使えることはもちろん、青空や緑葉や紅葉の写真を鮮やかに写すことができるので、記憶色により近い写真を撮ることができます。

撮影例

撮って出しの状態の写真ですが、明らかにPLフィルター有のほうが緑が映えている写真になっています。しかも、違和感のない自然な感じで。これがC-PLフィルターの効果です。

(左:フィルター無 右:フィルター有)


右側の写真がぶれているのはフィルターのせいではなくて、登山途中でへばってしまったせいです…。


C-PLフィルターの使い方

使い方はいたって簡単です。

  • ねじ込み式なので回しながらレンズに取り付ける
  • ファインダーを覗きながら、前枠を回して反射を調整

以上です。ただ注意する点としては、保護フィルターを使用していた場合は、保護フィルターを取り外してからレンズに直接取り付けをしないとケラレはもちろんフレア、ゴーストの発生確率を上げてしまいます。

5年前後で買い換えが必要

どのC-PLフィルターも5年程度で劣化し変色してしまうそうなので、使用期限は5年ほどで買い替え時期があるそうです。

5年に限らず劣化が始まり色が変色してきたら買い替えたほうが良さそうです。

 

私が購入したC-PLフィルター

購入の際の注意

C-PLフィルターに限らず、口径の違うレンズ間で使い回ししたいねじ込み式のフィルターを購入の際は、所持している、または購入したいレンズの中で一番口径の大きいレンズに合わせて購入しましょう。
口径の小さいレンズには、ステップアップリングで対応できます。

ステップアップリング

 

総括

レンズを通したままの像じゃなきゃ駄目なんだと思っていた時期が私にも有りました。
ただ、記録色と記憶色の知識を得てからは記憶色に近づける写真を撮るようにしています。そのために風景撮影においてはC-PLフィルターは必須であると感じ購入に至った次第です。

 

 

写真を撮りに行きたい場所が数カ所あるのですが、この分だと当分は行けそうに有りません。

近場ですら、不要不急の外出が困難になってしまってストレスにもなるのですがみなさんも腐らずに乗り越えて行きましょう。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

Hoi4第2章 最終回:独ソ戦の決着

1300万人以上の戦死者を出しているソヴィエト、とうとう決着いたします。

前回

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

目次

 

重要拠点を相次いで陥落

スターリングラード

史実では激しい抵抗を見せ、ドイツ軍が惜しくも陥落できずに終わったスターリングラードを陥落

f:id:tori56:20210111115140j:plain

モスクワ

首都であるモスクワは拍子抜けするほどあっけなく陥落

f:id:tori56:20210111115215j:plain

レニングラード

レーニンの名を関する、ソヴィエトの第二の都市もこの通り

f:id:tori56:20210111115234j:plain

さらに東方へと進軍

多くの主要拠点を制圧されたにも関わらず、まだ降伏をしないソヴィエト。共産主義陣営の雄は伊達じゃないということでしょう。

f:id:tori56:20210111115622j:plain

数多くの重要拠点を奪われてもなお降伏をしないソヴィエトに対し、ドイツ軍はさらに東へと進軍を行います。

f:id:tori56:20210111115850j:plain

ソヴィエトの降伏

往生際の悪いソヴィエトも、やっと降伏。

f:id:tori56:20210111120033j:plain
ちゃっかりイタリアも戦勝点をわずかながら獲得していましたが、ソヴィエトの領土の権利はドイツが美味しく頂きました。

ドイツはウラル山脈を挟み西側を併合、東側はロシア帝国として傀儡政権へ

f:id:tori56:20210111120253j:plain

ロシア帝国の文字が隠れていて見づらくなってしまった…。

枢軸国の勢力圏

見づらいかもしれませんが、青色が勢力圏です。広すぎて見切れてます。

f:id:tori56:20210111120457j:plain

ヨーロッパ、アフリカのほぼ全域と東欧および中央アジアへと勢力が拡大できました。
このあと、日本へ宣戦布告するなりアメリカに戦争を仕掛ける等が考えられますが当初から独ソ戦までと決めていましたので終わりにしたいと思います。

 

総括

今回は所謂塗り絵(大した戦闘が発生せず、軍を進めるだけの状態)のため、あまり書くこともありませんでしたね…。

去年の6月から始まった第2章はなんだかんだと、6ヶ月かかってしまいました。第3章も計画していますが、今回の反省を踏まえた上で更新をしていきたいと思っております。

お付き合いありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

このブログで宣言した目標は、ほぼ実現できないという過去をもっておりますが、今年の目標を発表したいと思います。

来年までに体重を24Kg減らす

去年はコロナで外出も減ったこともあり、体重が増えに増えてとうとう100Kgを超えるどころか、1月4日現在で108Kgにもなっております。
お恥ずかしいったらありゃしないということで、健康的に減らせる量の目安である1ヶ月2kgを目安に1年後には84Kgまで減らすことを目標とします。

簿記2級

これに関してはもういい加減なんとかしないといけませんよねぇ、今年で派遣先も終わるので、経済に不安が残るなか少しでも仕事探しを有利にするためにも取らなくては行けないのですが、如何せん集中力が・・・。
私自身の危機感のなさと真剣さが足りなさを克服し取得することを目指します。

利他的行動を心がける

私自身、今まで利己的に生きてきたという自覚があります。特に、昨年はコロナ禍もあり自分自身の利己的行動が特に顕著に出てしまったと特に感じまして、今年はできる範囲で自分自身のためだけでなく、他社の為になるようなことを増やし、利他的に行動出来るよう努力したいと思っております。

預金を増やす

昨年は、Leicaから始まり娯楽のためだけに多額の出費をしてしまったので今年は財布の紐を強く締め、できるだけ出費を抑えようと思います。

目標金額は30代後半で情けない金額ではありますが、預金250万円を目指したいと思います。

ブログの更新を月4回以上行う

これは去年密かに目標として達成しているのですが、本年も引き続き月4回以上の更新を行い、最低でも1年で48回以上の更新をしていくことを目標にし、できるだけ多くの記事を書ければと思っております。

総括

昨年は反省することが多かった年ではありましたので、本年は心機一転ダメ人間っぷりを少しでも改善できるような1年にしたいと思っております。

では、本年も何卒このブログをよろしくお願いいたします。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

2020年を振り返る

新年に向けて色々とケジメを付けてきました、こんばんは。

2020年を振り返る

2020年も今日で終わりなので、このブログの1年を振り返って見ようと思います。

1月 

昨年の11月あたりから仕事が忙しくなり、若干病んでいた時期ではありました。
簿記2級を受験すると言っていましたが、未だに受験しておりません、受験する詐欺になってますね、ここに僕のダメ人間っぷりが出ています。

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

カメラ関係では防湿庫を導入しています。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

2月

 今年は是非、行こうと思っていたCP+がまさかの中止、残念でした。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

3月

この頃もまだ仕事の忙しさが続いており、精神的な辛さがピークに達していた頃なんですが、Leica M6を購入して久しぶりにテンションが上がった月でした。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

4月

本格的にテレワークが始まったのがこの頃ですね。仕事用の机、椅子などを買い揃えています。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

それから、Hoi4のAARを始めてますね、1章は2回ほどで終わり、2章は更新頻度が低いため年内に終わらせることができませんでした。テヘヘ

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

5月

Googleフォト連携にエラーが出ていたため、Instagramデビューをするが仕様により写真が自動でトリミングされてしまうため長期間使うことはありませんでした。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

6月

特になし、強いて言えばフルサイズミラーレスの本格的選定を始めていたことぐらいです。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

7月

愛機Z 6を手に入れて、テンションがバク上がりでした。いや本当にZ 6を買ってよかったです。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

8月

椅子が壊れて憤慨していましたね、報告をし忘れていましたが無事返品ができて11月にはお金が戻ってきました。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

9月

今の派遣の仕事が3年目に突入、こんな時代ですので満期まで勤め上げられるかはわかりませんが適当(適度にちょうど良い具合という意味で)に勤めて行きたいと思います。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

ブログには書いていませんが、実はGoToを利用して静岡に旅行してます。

10月

親戚から古いカメラとレンズを頂いたので、人生初のレンズ清掃に挑戦しました。
結果、1個を小破させ1個を完全に壊す結果となりました。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

11月

ストレスが溜まりすぎて、正社員の上司に対してキレてしまいました。このことが原因で今の職場を出されるかもしれません。まぁストレスに耐えられなかった自分が仕方がないですが…ストレスは溜めないようにしましょう。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

例の如くブロクには投稿していませんが筑波山に行って大変な目に会いました。

12月

12月は新型コロナの感染拡大が顕著になっていたため、ブログに書くようなことは特に何もしていませんね…コスモスの記事を上げてはいますが、実際に行ったのは10月ですからね。

 

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

ただ、プライベート過ぎて書くことができませんが、冒頭で記載したとおり、自分が抱えているいくつかの案件においては来年に持ち越すことのないようにケジメを付けてきました。

総括

今年は、密かに最低でも週に一度、回数で言えば月に4回は投稿しようという目標を立てていたのですが、6月だけ3回だけとなってしまったことを反省しております。
ただ、10月に更新頻度を上げたおかけで48回を超えた51回の更新(この記事を入れて52回)ができましたので良しとします(自分に甘いスタイル)。

また、今日の記事で触れた壊れた椅子の事後報告や静岡旅行、筑波山への登山と書いていないこともあり、これらに関しては機会があれば来年にちょろっと書いて見ようかなとは思っております。

ご挨拶

本年は新型コロナという過去に例を見ない厄災に見舞われ世界中の殆どの人が少なからず不便な生活を強いられた大変な年でありました。

来年は皆さんが今年苦労した分、少しでも報われるような年になってほしいと思っております。

今年一年、このようなブログにお付き合い頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

はてなブログのお題:買ってよかった2020

毎日ブログを更新している人を尊敬します、こんばんは

今回は商品も出るということなので、はてなブログの、お題「#買って良かった2020」について投稿したいと思います。

Leica M6

f:id:tori56:20201018145920j:plain

真っ先にあげるのはもちろん今年の上旬にレンズを合わせると30万円という大金をはたいて購入したLeica M6を紹介したいと思います。

購入時の記事

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

お恥ずかしながら初めて購入した一生モノの品です。
使い勝手や解像度、シャープなどを言ってしまえば、デジタル一眼に比べ劣るクラシックカメラではありますが、所詮デジタル製品はカメラに限らず寿命はもって10年、短ければ3年未満となってしまいます。

しかし、機械式のLeicaはメンテナンスは必要なものの、Mマウントレンズとフィルムの組み合わせでしか写すことのできない写真を何十年も撮り続けることが出来るのです。

出来る限り早くズミクロン35mmを手に入れて、Leicaでしか撮ることのできない写真というものを目指し少しでもこのカメラを使いこなすことのできる人間になりたいと思ってます。

Nikon Z 6

次は約半年前に手に入れたNikonのZ 6を紹介します。

f:id:tori56:20200726081306j:plain

巷ではいろいろと酷評されていたりもしたんですが、実は性能と使い心地の良さを併せ持った傑作カメラだと僕は結論付けています。

購入時の記事

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

Leicaが浪漫のカメラであればこちらは実用性重視のミラーレス一眼カメラ。
このカメラを買って僕はますます写真を撮るということが好きになってしまいました。

カメラを持ったときのグリップの良さ、シャッターを押したときの心地良さ、そしてフルサイズミラーレスカメラとしては標準以上の性能をもっているZ 6は本当に買ってよかったと心底思えるカメラです。

キットレンズとして付属していた、NIKKOR Z 24-70mm f4/Sの良さも相まってすっかりNikonファンになってしまいました。

もちろん使用していて不満点もありますが、それ以上に使い心地がよく簡単に綺麗な写真が撮れてしまい、上手くなったと勘違いさせてくれるZ 6を手に入れた僕はしばらくNikon Zシリーズから離れることは無いでしょう。

 

総括

今年はあまりいいカメラライフを送れたとは言えないので、来年はコロナが収束しまた多くの場所を訪れ写真を撮れる日が来ることを望んでおります。