中年不安

適当に生きてきた結果がこれだよ

所持しているカメラとレンズ 2019年版

最初の使用機材を記載してから大分たったので、新しく購入した機材というかレンズを紹介していきます。

以前の記事

ojisan-loneliness.hatenablog.jp

 

新たに購入したレンズ

EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(Canon

購入日2018年7月16日

広角から中望遠まで使えるのでとても汎用性の高いレンズ。
普段は以前の記事で紹介したシグマの17-50mm と下のEF70-300mm F4-5.6 IS II USMの2本を持ち歩いているのですが、ちょっとした撮影であればこの1本だけで事足りるので重宝しています。
購入当時はアマゾンで3万3000円位だったのですが、今だとなぜだか7万円くらいしてます。

 

Canon 広角ズームレンズ EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM APS-C対応

Canon 広角ズームレンズ EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM APS-C対応

 

 

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(Canon

購入日2018年8月17日

私が所有している中では一番高いレンズ。使い勝手もよくコスパも良い最高の望遠レンズで、我々のようなお金のないCanonユーザーの中では神レンズの扱いを受けている模様。なんたって5万円ほどで購入できるレンズですからね。

 

 

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM(Canon

購入日2018年8月7日

物撮り用に購入したマクロレンズ。見ての通り正面にLEDを搭載しているので効果は限定的であれ見えの良い写真が撮れる。この記事のこのレンズ以外の写真はこれで撮っているし、メルカリなどの商品もこれを使用している。35ミリ換算で大体標準画角になるのでマクロとしては物足りないこともあるが、使い勝手は良い。
あまりそういう使い方はしていないが、単焦点レンズなので物撮りに限らず風景写真も綺麗に撮れるはず。

 

 

総括

標準ズーム、望遠ズーム、マクロレンズと一通り揃えて思ったことはレンズはたくさんあれば良いということでは無いが、大体のシーンで対応できる程度には揃えておくべきかなとは思いますね。
もちろん、決して安いものではないので揃えるのにもお金はかかりますが、私の所有しているレンズは当時の価格としてどれも5万円以下の比較的安価なレンズですのでAPS-C機であれば安くて良いレンズを揃えやすいのではないでしょうか。(あくまでもカメラ機材としての価格で安いということで一般論では十分に高額なんですけどね)

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年版と言いながら前回の機材の記事を書いた一ヶ月以内に購入しているものばかりなのですが、気分的に2019年版にしました。